チーちゃんミーちゃんの育児レシピ

保育の小技・月年齢に合ったおすすめの遊び・お出かけ情報等を紹介。マンガを交えながらおっぺけ姉妹の日記も随時投稿!

【作り置き】毎日弁当・常備菜2018.2−2

この日は本当に時間がなかったので品数少なめ簡単料理でした( ´ ▽ ` )
お弁当の隙間と、時間のない時の夕飯一品足しにチマチマいただきます。

f:id:nekolope:20190228104608j:plain 

左上から

 

 

 

1,鶏胸肉のチリソース風

 しっかり味付けの鶏肉料理。
片栗粉のおかげでパサつきません。
辛味はなく、子供味です( ´ ▽ ` )

  • 鶏胸肉・・・1枚
  • 玉ねぎ・・・小1個
  • 片栗粉・・・適量
  • にんにく・・1片
  • ケチャップ・・大1
  • 味噌・・・・小1
  • 中華だし・・小1
  • 酢・・・・・小1(なくても)
  • 砂糖・・・・小1
  1. 玉ねぎはみじん切り、鶏胸肉は一口大に切る
  2. 調味料はあらかじめ混ぜておく
  3. 袋に鶏胸肉と片栗粉を入れて片栗粉を薄くまぶす
  4. フライパンに少し多めに油を敷き、鶏肉を焼く(極力触らす混ぜない)
  5. 鶏肉の前面に焼き色がついてきたら玉ねぎを入れて一緒に炒める
  6. 玉ねぎがしんなりしてきたら、調味料をれて煮詰め、全体に味を絡める

 

 2,あり合わせ野菜のチーズ焼き

 お弁当の隙間に彩りをプラスするために作り溜め。
チーズの下のソースはクリームソース。
クリームソースをケチャップ代用すれば忙しい朝でも作れちゃいます。

  • 玉ねぎ・・・1/2
  • 小麦粉・・・大1
  • コンソメ・・小1/2
  • 塩胡椒・・・少々
  • バター・・・10gくらい
  • 牛乳・・・・50〜100ml
  • 好みの野菜やソーセージ、練り物など
  • チーズ
  1. 玉ねぎ、小麦粉、コンソメ、バターをフライパンで炒め、玉ねぎに火が通ったらて木べらで常に混ぜながら牛乳を3回くらいにわけて少しずつ入れる(牛乳の量は適度な硬さになるまお好みで調節)
  2. 塩胡椒で味を整えてクリームソースを仕上げる
  3. 好みの野菜(加熱済み)をカップに入れてクリームソース、チーズをかけてトースターで焼く

 

 

3,ほうれん草の煮浸し

 我が家でよく登場する煮浸し。
作り置きメニューの中の一品ですが、ブログに載せていない日々の料理にも週1近くの高頻度で登場します( ´ ▽ ` )
食べる直前にしらすをたっぷりかけるのにハマっています。

  • ほうれん草・・・1袋
  • 白だし・水・・・適量
  1. ほうれん草をよく洗い茹でる
  2. 茹で上がったら軽く水気を絞って、白だしを水で薄めた駅にひたひたになるくらい漬ける

 

 

4,マカロニのペペロンチーノ

子供ウケのするキャラクターマカロニ。
毎度サラダも飽きるので、今回はオリーブオイル塩でシンプルに仕上げました。 

  • マカロニやペンネなど
  • ベーコン・・・マカロニの1/4くらいの量
  • きのこ・・・・ベーコンと同量
  • オリーブオイル
  • 好みの塩
  1.  マカロニを茹でる
  2. 茹でている間に1〜2cm煮切ったベーコンとキノコをオリーブオイルで炒める
  3. 火が通ったらマカロニを入れ、油が全体に回るようにさっと炒める
  4. 塩で味を整える

 

 

5,もやしとウインナーのカレー炒め

大好きなジョンソンヴィルのソーセージは大きくてそのままごろっとお弁当に入れることはできません・・・ということで、常備菜&お弁当用に使うときは炒め物に変身させます。

本当はピーマンなど緑のお野菜を入れたかったのですが冷蔵庫になかったので、お弁当に希少なシャッキリ感のあるモヤシのみでスピード調理です(5分!!)

  •  もやし・・・1袋
  • ソーセージ・・適量
  • カレー粉・・・小1/2
  • 塩・・・・・・小1/2
  • 醤油・・・・・小1
  1.  油を熱したフライパンにソーセージを入れて炒め、火が通ったらもやしを入れて数十秒さっと炒める
  2. 調味料を入れて全体に味をまわす

 

 いつもながら簡単なものばかりですが、家事と子供と接するバランスを考えると私はこのくらいがベター。
毎日手の込んだ料理を作れる気力もないのが本当のところかもしれませんが、今のところ大きな文句が出ていないので許してもらっています( ;´Д`)
毎日何品もぱぱっと作るゆうこりんの放送を見て尊敬の眼差しを送っていますが、私は私。
・・・と言い聞かせます(・∀・) 

 


ヤル気スイッチここです↓ 更新の励みになります!

にほんブログ村 子育てブログへ

読者の増減に一喜一憂しています。よろしければ読書登録をお願いします!