チーちゃんミーちゃんの育児レシピ

保育の小技・月年齢に合ったおすすめの遊び・お出かけ情報等を紹介。マンガを交えながらおっぺけ姉妹の日記も随時投稿!

保育園、幼稚園への不安

この時期、少しずつ襲ってくるのが『不安』

子供が小さければ小さいほど、
そして、第一子だと余計に、不安になってきます。

 

初めての保育園

初めての幼稚園

f:id:nekolope:20180330215837p:plain

もちろん期待感もありますが、
不安感の方が遥かに強く、心がえぐられる事だってあるんです。

 

長女はこの度めでたく年少を終了しました。

長い1年でした。

 

4月、知らない場所へ放たれた長女。
幼児教育の現場を知っている私でさえ心配で心配で・・・。
幼稚園や保育園って独自のものが強いので、勤め先以外の雰囲気って結構わからないものなんですよね。
職場が変わって違う幼稚園教諭になった時、キャリアはあるのに園の風習にカルチャーショックを受けることもザラですから・・・。

 

初日から、
「今日は楽しかった?」
「何をした?」
「お友達とお話しした?」
「先生の名前覚えた?」
もう、質問ぜめでした。
彼女が答えるのを鬱陶しく思わないように、慎重に、慎重に・・・。

3歳の長女からの返答は、
「うさぎさんがね、ないちゃってね、それでね・・」
飼育しているうさぎの話?
お友達の名前を勘違いしているの??
もうさっぱり(笑)
(後で分かりましたが、教えてもらったほとんどの内容が園での出来事ではなく紙芝居の内容でした)

 

唯一の救いは長女が泣かずに幼稚園ハスへ乗り込んでいた事。
もし毎朝泣いていたら本当に辛かったです。
ただでさえ、
「お家の方がいいな・・・えっちゃんがいいな・・・」
と言われて心がぎゅーーっとなっていましたので。

 

そんな長女。
ついこの間まで、
「幼稚園よりお家がいいなー」
と言っていたのですが、春休みになった今、
「早く幼稚園行きたいなー。幼稚園楽しいし。」
と、家庭より幼稚園発言をつぶやくようになっていました。

 

たった1年。
でも、こんなに成長しました。

親と離れた社会の中で自分の居場所をつくり、毎日楽しめるようになりました。
お母さんと遊ぶのが一番楽しいと思っていた長女が、お友達が一番になりました。

心の自立。
親の方が時間がかかりそうですね。

 

まだまだ甘えたいのは私の方だな。
そう思いつつ、1年で急成長した長女の寝姿にハグをして充電してしまう毎日です。

 

 

保育園入園も本当に辛かった。
人見知りの少ない次女も、入園3日後に預け際に泣くようになりました。
・・・彼女は今でも泣きますが、別れてすぐに元気に遊んでいるようです。

 

順応力があり、猛スピードに成長する子どもたち。
親も日々成長しなくてはいけませんね。

 

もうすぐ4月。
入園や進級で心身ともに疲れる子どものオアシスとなれますように。

 

 


ヤル気スイッチここです↓ 更新の励みになります!

にほんブログ村 子育てブログへ

読者の増減に一喜一憂しています。よろしければ読書登録をお願いします!