読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士かあちゃんの育児レシピ

保育士ならではの小技・月年齢に合ったおすすめの遊び・お出かけ情報等を紹介。マンガを交えた日記も随時投稿!

【洗濯機のリセット】プロに聞いた怖い事実【メンテ完全版】

快適な暮らし その他

洗濯槽の汚れ。

CMでも流れ、ご存じの方も多いかもしれませんが・・・ひどいですね。

洗濯槽のものすごい汚れ、アレは合成映像ではありません。

 

 

きっと、いや、多くの家庭でこのような状態になっているらしいです。

 

 

 

汚いと何が行けないか。

 

A. カビや雑菌により様々な病気を引き起こす

 

アレルギーアトピーを引き起こす原因ともいわれています。

すべてがカビ・雑菌のせいではありませんが、例えばアレルギー性喘息の2割はカビ・雑菌が原因だとか。
過剰に吸い込むと肺炎や内臓系・脳等の病気も引き起こすとも言われているようです。

 

抵抗力の弱い乳幼児、高齢者がいる家庭は特に気をつけたいものです。

 

 

 

プロに聞いたカビ・雑菌対策5箇条

  • 洗濯時以外は洗濯物を入れない(洗濯物は洗濯カゴを使用)
  • 洗濯時以外は蓋を開けておく
  • 定期的に洗濯槽掃除をする
  • お湯で洗濯槽を洗う(カビは高熱に弱い)
  • 分解掃除でリセットする

 

 

毎日できること

洗濯物は洗濯カゴに入れる

洗濯機の蓋は常に開け、風通しを良くする

 

 

月に1回程度やること

お湯で洗濯槽掃除を行う

ikurepi.hateblo.jp

詳しくは上を参考に。

お湯で溶かした過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を洗濯槽にたっぷり入れ、撹拌漬け置きを繰り返すとものすごく綺麗になります。 
カビに効果的です。

価格:566円

 

 

2〜3年に1回程度やること

掃除のプロに聞いた所、年に1度とは言わないが、分解クリーニングをした方がいいそうです。
衛生面を気をつけながら使用していたとしても、分解しないと掃除ができない箇所のメンテナンスは必須
絶対汚れが付着します。

定期的に洗濯槽掃除をしてカビを撃退しても、洗濯用洗剤のカスと雑菌は撃退しきれないとか。

 

 

 

掃除のプロに頼んでみた。

f:id:nekolope:20160603172714j:plain f:id:nekolope:20160603172637j:plain

屋外で分解清掃する業者、洗面所でやる業者、色々だそうな。
今回はCMでおなじみの『おそうじ本舗』さんに頼みました。

 

 

買った当初から洗濯槽の換気を徹底。

2年前から3ヶ月に一度の洗濯槽洗浄。

 

購入5年目の洗濯機。

 

・・・どきどき・・・。

 

 

 

 

【閲覧注意】こうなってた。

   ↓ 

   ↓ 

   ↓ 

   ↓ 

   ↓ 

   ↓ 

   ↓ 

f:id:nekolope:20160603172738j:plain

↑洗濯槽の回転部分裏

f:id:nekolope:20160603172801j:plain

↑中ぶた

f:id:nekolope:20160603172822j:plain

↑洗濯槽の内側

f:id:nekolope:20160603172955j:plain

↑洗濯槽外側の内側(なんていうの?)

 

 

 

ちゃんとメンテナンスしていてもダメらしい

どんな洗濯機でも、やはり解体してリセットする必要はあるみたいです。(プロ談)

分解、洗浄して気持ちいいくらいピカピカになりました。

f:id:nekolope:20160603173115j:plain 

f:id:nekolope:20160603173142j:plain

f:id:nekolope:20160603173052j:plain

ちなみにこの状態が完全な状態じゃなく、最後に組み立て、その後にすすぎをして細部の浮かせたゴミを流してもらいました。

今回は高圧洗浄とかではなく、ガッシガッシと手作業で落としてました。

 

洗濯機クリーニングで使用していた風呂場は貸し出す前よりも綺麗に・・・。

実は排水口とか髪の毛が溜まっていただろうに・・ぴっかぴかになっていました。
使用したところは綺麗にして返す』 ありがたいです。
ヌメヌメを取っていただき大変感謝しております(恥)

 

あ、ちなみにだいたい15,000円くらいでした。
(福利厚生のベネフィット利用で14,000円弱にしてもらった)

 

 

おわりに

「潔癖なのか?」→いや違います。
このくらい大丈夫じゃない?とザックリ派の私ですが、カビや雑菌は、特に乳児は抵抗力がないので本当に気をつけたいところ。

 

子どもを産んで母になり、まず気をつけたのが「環境づくり」です。

自分の怠惰で子どもが病気にかかるのは耐えられません。

我が子を無菌状態にさせたいわけではありません。
けれど重篤化の可能性がある病気や、一生付き合っていくような病気にだけはさせたくない。

そんな思いでまた洗濯機と付き合っていこうと思います。

 

カビで洗濯して、カビを家中に撒き散らさないように・・・

 

 

ヤル気スイッチここです↓

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 

更新の励みになります!