保育士かあちゃんの育児レシピ

保育士ならではの小技・月年齢に合ったおすすめの遊び・お出かけ情報等を紹介。マンガを交えた日記も随時投稿!

低出生体重児の第二子。出産の経過とご報告。

急な陣痛を経て(まぁ、陣痛は急なものですよね)、待望の我が子に会うことができました。
更新までの間、激痛と心の揺れと親族との暖かな時間があり、ご報告までに時間があいてしまったことをお許し下さい。

 

出産は人それぞれ。
一つとして同じケースはありませんよね。
第一子のチビ子と第二子も本当に違う。

1人ひとり、ドラマがあるんですね。

待望の第二子の人生のスタートラインに立つまでの出産ドラマをここに残したいと思います。

 

【2:00】 尿意で起き、トイレでの往復でいつもよりかお腹の張りを感じる。

【6:00】 再び尿意で目覚める。身体を起こしただけでお腹の張りを感じ、ゆっくりのっそりとトイレへ。ここでおりものに血液が交じる。要は『おしるし』ってやつです。最長でも1週間以内には第二子に会えるという『知らせ』だと、嬉しくも陣痛の痛みを覚悟する。(やはり怖い・・・)

【6:30】 トイレからベッドへ戻って横になるが、お腹が張っているような痛いような・・・。前駆陣痛(本陣痛の練習みたいなもので、前駆陣痛から本格的な陣痛へ移行する場合もあれば、一旦止んで数日後に本陣痛がくることもある)かもしれないと思い、隣に寝ているとーちゃんを起こして報告。とーちゃん超焦る。なにせ、チビ子の時は前駆陣痛から本陣痛に変わり、破水し、出産と猛スピードで産まれたから・・・。

【6:45】 もしかしたら前駆陣痛がおさまるかもしれないので、出勤に間に合う時間ギリギリまで寝ているようにとーちゃんに告げる。かーちゃんはもしも(陣痛)に備えてシャワー。てか、どんどん痛くなってきた・・・。シャワーを浴びながらビビる。ゆっくりしか動けないし(お腹が張るから)、少し屈んだだけでお腹が張って痛む。動けない・・・。こ、これは確実に前駆陣痛だ!!!

【7:00】 シャワーから必死に生還。そして、携帯のストップウォッチ機能で陣痛間隔を測り始める。この時は不定期。5分〜9分のインターバルに1分程度の痛み。まだ耐えられる。本陣痛になれば長い戦いになるし、チビ子のこともあるので、痛みと闘いながら、休み休みメロンを切り始める。メロン・・・w昨日作った米粉パンを温め、キッシュを温め、チビ子の朝ごはんの支度をしながら入院荷物の最終チェック。

【7:30】 この日は空気を読んだチビ子。いつもは6時に目覚めるのに今日はお寝坊さん。朝ごはんを食べさせながら、どんどん強くなる痛みと格闘。

【8:00】 陣痛感覚は6〜7分に安定し、痛みもただの張りとは思えない・・・これはたぶん陣痛だ!!と思ったので病院に電話。前回の出産の進みが早かった事、病院まで距離があることを踏まえ、受け入れOKをいただいたのでスローペースで行く準備(チビ子のおでかけグッズや昼ごはんの支度、両両親に連絡など)。ここで父ちゃんが起きてせわしなくサポートしてくれる。主にチビ子の着替えや用意したものをカバンに詰めたり運んだり・・・。

【9:00】 タクシーを呼ぶ。子どもがいると出発までに時間がかかるけれど、余裕を持って病院へ電話したり準備をしていたので、お腹が痛くても痛くない間隔の時に結構動ける。まだ大丈夫。生まれる兆しはまだない!間に合う〜!!

【9:40】 病院へ到着。早速内心。子宮口3センチ開いているので入院することに。あとで聞いたら、前回のお産が早く進んだからちょっと入院は早いかと思ったんだけど・・・なんて言っていました。院長、ナイス判断です。家遠いから娘を抱えてまた帰るのは無理!!余裕ない!!!

【10:00】陣痛室へ行き、病院の服へ着替える。その後ノンストレステストの時にお腹にあてた「赤ちゃんの心音とか測るやつ」を装着。腕にもしもの時用の点滴の針を刺される。準備が終わると、とーちゃんとちびこが入室を許可され、3人で過ごす。チビ子は変わりなくお腹へダイブしようとしたりわちゃわちゃとまとわりつく・・・ってことで、優雅にお弁当オープン(はやっw)。たちまち陣痛室はピクニック状態wwベーコンパンとキッシュの香りがつらいぜ!と思いながらも、かーちゃんはメロンを頬張り栄養補給。

【10:50】食事も終わり、また騒がしくなってきたのでチビ子をプレイルームへ追いやる。とーちゃんが引っ張りだしてくれた・・・てかおなかいたーーーーい!!!もうやだ。なんでこんなイタイねん!!5分ごとにくる1分間の苦痛・・・。痛みが襲うと、後50秒・・・30秒・・・10秒・・・と痛みがおさまるカウントダウンを初めてしまう。早く痛いのおさまれ!!いたーーーい!!!収まった時の幸せな気持ちと言ったら、もう、ね・:゚*オォヾ(o´∀`o)ノォオ*゚:・

【11:00】尿意を感じてナースコール。お中の機械を取ってもらってトイレへ・・・動くと痛みの間隔がなくなり、痛いのがほぼずっと続く・・・トイレにどんだけ時間がかかってんだwwwそして、そのまま内診。子宮口4センチ。まだ1センチしか進んでないのねーwww・・・ってところでラインが届く。

f:id:nekolope:20150814211341j:plain

相変わらずひっ迫している時だろうと真剣な話の時だろうと、冗談ばっかり飛び交うのが我が夫婦。
・・・が、うつむいて身体を突っ張るような痛みになってきたので弱音ばかり。
つらぽよよん。

【11:35】実母(ばぁば)が病院へ到着。少し喋ってからチビ子にアイにプレイルームへ。そして、代わりにとーちゃんがくる。悶絶している私を見て「本当につらそう・・・」と言葉を残してトイレへ行く宣言。いってらっしゃーい・・・

【11:40】とーちゃんが陣痛室へ出た直後にいきみたくなるような、我慢すると吐き気をもよおすような、超絶つらい痛みが!!これ、知ってる!!チビ子の時のあれだ!!すぐさまナースコール。そして駆けつけたナースが内診。

助産師「子宮口全開です!!焦」

ええぇぇぇーーーーーー( ̄□ ̄;)!!

助産師超大慌て!!
大声張り上げて大量なスタッフ動員。
全員数えたら10人近くいないかい!?
・・・数えてないけど。

それを聞いてとーちゃんトイレへいかず大慌てで駆けつけ、もちろんバァバとチビ子も大慌て。
駆けつけている間、痛みを逃して何とか分娩台によじ登る私。
陣痛室から分娩台に上がるまで近距離にもかかわらずものすごいじかんがかかりました・・・(っても、きっと5分弱。)

分娩台によじ登るととーちゃんとばぁば、チビ子も分娩室へ到着。
そして、痛みが襲う私。
い、いきみたい・・・でも、まだスタッフが準備しているし・・
いたーーーーいいいいいい!!
いきみたいーーーーーー!!!
なんかでるーーーーーーーーー!!!
(汚い話、便意なのか赤ちゃんなのかもう感覚麻痺。取り敢えず我慢するのがきつい。)

ここで思わず始めて「んぁぁぁぁぁ!!!」と声を上げました・・・。
辛かったんだもの。

て、何とか耐えた私。
が、二回目のいきみたい衝動到来。

「ん〜〜(泣)」

助「いきんでいいですよ!」

( ;゚Д゚)!!?喜

いいっていたよね!?
いいんだよね!!?
あ!院長が入室しているやーーーん!!
いきんでいいのね!!?

 

・・・

 

・・・・・

 

ってことで、1度いきみ、呼吸を直し、2回目のいきみの最中に院長が軽やかにハサミを「チョンチョン」とならし(切られた・・・)、そのまま頭がメリメリ!!!
(生々しくてごめんなさい)

その後すぐに「力を抜いて!!!」と助産師や周りの人、とーちゃんに言われ、レバーを握っていた手を胸に・・・。
力を抜いた状態で赤ちゃんの肩から下をゆっくり引き出して・・・

 

あかちゃん!!!!!!!泣

 

私とパパのあかちゃん!!!!!!!!泣

 

う、うれしかった・・・。
本当に、嬉しかった。

 

チビ子の時は夢中で、感動よりも放心状態。
うんだ・・・んだよね?
あれ?わたし、おかあさんになったの??

そんな感じだったのです(チビ子、ごめんね。)

 

一度経験しているからなのか何なのか・・・待ちわびていた我が子。
こうして出会えたことがほんとうに嬉しい・・・。
混乱とかしんどかったとか、色んな感情がすべてどこかに行きました。

 

ただ、うれしい。

それだけ。 

 

目頭が熱くなりました。

 

 

11:59 次女 2312g

 

「小さいですね」

と院長に言われ、経過が心配な低出生体重児ですが、元気な産声をあげながら私達のもとにやってきてくれました。
本当に、幸せな気持ちでいっぱいです。

 

第二子のことについて、入院生活についてはまた明日。

少しづつ綴ります。

元気出せ!のスイッチここです↓

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村