チーちゃんミーちゃんの育児レシピ

保育の小技・月年齢に合ったおすすめの遊び・お出かけ情報等を紹介。マンガを交えながらおっぺけ姉妹の日記も随時投稿!

【上腕骨顆上骨折記録2】痛みと戦う

長女が『上腕骨顆上骨折』をしました。
骨が分断され、曲がってはいけない方向に曲がっていました。

ikurepi.hateblo.jp

 

医者が引っ張って正しい位置に修正。
そして、3時間だけ入院。

病院に着いてから6時間後に帰宅できました。
(詳しくは前記事に)

 

 

帰路の車内の様子

ã¸ã¥ãã¢ã·ã¼ãã®ã¤ã©ã¹ã

入院中、早く帰りたいとギャン泣きしていたチビ子さん。
車に乗るとすっかり安心し、少しおしゃべりをした後、夢の世界に・・・。

時間は23時手前。
次女も追うように夢の世界へ旅立ちました。

 

 

帰宅直後の様子

ãã¤ä¼ãã§å¯ã人ã®ã¤ã©ã¹ãï¼å¥³æ§ï¼

車内での眠りは深く、パジャマに着替えることなくお布団へ・・・。

いつもは家族4人で一緒に寝ているのですが、この日は長女と私はリビングで就寝。
次女の寝相はすこぶる悪く、なぜか人に乗りかかって寝ようとする習性があるんです。
就寝中、治療したばかりの長女の腕に勢いよく乗っかったら、事件です!!

次女には少し我慢してもらって、私とは別々に寝てもらうことにしました。

 

 

医師の教え①寝るとき

寝相が心配なのは次女だけではありません。
長女も相当なものです。
腕を怪我していても、ギプスをはめていても、痛くても、ゴロゴロ転がりそうな長女。
心配すぎる・・・!!

お医者さんに相談したところ、ギプスをはめている方の手の下(脇のあたり)にタオルを置くようにアドバイスを受けました。
動きにくくなったり、楽になったり・・・という理由らしいです。(確か・・・?)

f:id:nekolope:20181130173916j:plain

 

 

帰宅1時間半後に急変

 教え通りにタオルをセットして長女を寝かし、別室の次女も寝かせ、遅れて私も入眠。
・・・と思ったら

うわぁぁあん(;Д;)!!

f:id:nekolope:20181130173932j:plain

 急に片手両足を全力でバタつかせ大号泣!!!

本人、完全に起きているわけではなく、涙を流しながらうなされていました。

 

怪我した右手の痛み止めが切れたのかも・・・!!

 

 

医師の教え②痛み止め

è¬ã®ã¤ã©ã¹ããç²è¬ã

病院で痛み止めを処方されました。
1週間分も(笑)
飲みきる必要はなく、痛みが緩和されてきたら飲むのをやめてもいいとのこと。

重要なのは、『痛かったら飲む。でも、決められた間隔をあけなくてはいけない。』

 

初回飲むことを許可された時間は25時半以降。
あと1時間あるんですが・・・!!!

あと1時間、この痛みに耐えないといけないの(;o;)!?

 

結局、泣き叫び、もだえ、うなされていたチビ子を覚醒させました。
しばらくハグをし、なだめ、おしゃべりをしたあと、30分早いですが痛み止めを飲ませてしまいました。

 

 

疲労しながら迎えた朝

 å¾¹å¤æãã®ç¬é¡ã®ã¤ã©ã¹ãï¼å¥³æ§ï¼

睡魔に負けて眠り、痛みに耐えられすに泣きわめき・・・を3回ほど繰り返し、気がつけば朝。
痛み止め、効いているんだよね・・・?
疑わしいくらい痛がっていました(T ^ T)

朝、夜中に飲んだ痛み止めの効果が切れた頃に痛すぎて覚醒。
やはり、痛み止めは効いていたのかな・・・。

 

医師の教え③痛みと戦わない

チビ子は朝ごはんをいつもより少なめにモグモグ。
昨日、昼ごはんを食べたきりほとんど食べ物を口にしていなかったのに、食欲はあまりないみたい。

お腹が少々満たされ、手持ち無沙汰になると襲ってくる痛み・・・。
痛み止めではカバーできない痛みをカバーする方法はただ一つ。

 

気をそらす

 

「日中は、痛みから気をそらして、安静に。」

医師から言われた通り、安静に楽しめそうな遊びをしよう。
・・・と思いきや、チビ子さん38度の熱です。
骨折後にはよくあるそうです。
ぐったりしていて遊べる感じではありません・・・。
アニメをひたすら鑑賞して過ごしました。

 

 

それでも戦う時間

日中、Blu-rayと撮り溜めていたアニメにだいぶ助けられました。
やはり、何もしていないと痛いみたい・・・。
熱で遊ぶことができないので、テレビ漬けです。

 

辛いのは夜。
おしゃべりをして気をそらしても、ウトウトし始めると痛みを思い出して涙が・・・。

なんとか入眠できても、1時間ほど眠った頃に手足をバタつかせながら泣き、うなされ身体をよじって苦しそうにするんです。
背中をさすったり頭を撫でたり、「いたいね、いたいね」「大丈夫だよ」などと声をかけてあげることしかできません・・・。

 

終わりに 

夜中の戦いは3日で終わりました。
3日間、新生児を育てているような懐かしさがありましたね。
睡眠不足と気疲れからくる疲労感は、正直辛かったですね。

頭がボーッとして、倦怠感が残る感じ。
とはいえ、一番辛かったのは、そこじゃないんです。
心がギュウと締め付けられてるんです。

 

変な話ですが、看病で自分の身体を酷使すればする程、ちょっと心が救われました。

 

痛みに耐え、もがく我が子。
痛みを代わってあげたい。
でも、代われない・・・。

痛みに耐える辛さを感じることができない分、看病で身体を酷使し、辛さを味わいたかったのかもしれません。

 

私が疲労をためたことで、チビ子の痛みが和らぐわけではないのに。

 

 

親子共々、辛い3日間でした。

 


ヤル気スイッチここです↓ 更新の励みになります!

にほんブログ村 子育てブログへ

読者の増減に一喜一憂しています。よろしければ読書登録をお願いします!