読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士かあちゃんの育児レシピ

保育士ならではの小技・月年齢に合ったおすすめの遊び・お出かけ情報等を紹介。マンガを交えた日記も随時投稿!

子ども2人を調子に乗らせてはいけない

子育て日記

 月に2回ほど訪れる図書館。
無計画に訪れるのですが、時々読み聞かせなどのイベントに運良く遭遇。

 

この日は読み聞かせの参加者がおらず、司書さんに声をかけられて「じゃぁ・・・」と参加をすることに。

 

・・・が、読み聞かせ経験が少ないチビ子さんとミニ子さん。
遊び相手をしてくれる大人と勘違いし、トンデモ行動に出ました。

 

 

f:id:nekolope:20161024065825p:plain

f:id:nekolope:20161024065832p:plain

 

 

 

 

ごっこ遊びは、しちゃいけないわけじゃない。

 

 

 

 

f:id:nekolope:20161024065920j:plain

 

 

 

沢山の本に触れるのは良いことですし。

 

 

 

 

 

f:id:nekolope:20161024065942j:plain

 

 

 

「これ読んで」って言われたら、いくらでも読んであげるよ。

 

 

 

 

f:id:nekolope:20161024070414j:plain

 

 

 

 

でもさ、これは違うよね。

 

どうすんのさ(´д`;)

 

 

 

 

 

 

本当はすぐに止めようとしたのですが、止めに入ろうとしたら

 

司書「いいですよ、あとで返しますから(●´ω`●)」

 

と温かい言葉をかけてくださったのです。

 

「いや、でも・・・」と食い下がったのですが、「大丈夫です」と2回も言われてしまったので、放置・・・。

こうなったら子どもたちはやりたい放題で、”図書館ごっこ”と”本出し”に励んでしまったのです。

 

 


そりゃあもう、楽しそうでしたが・・・しばらくは図書館に行けないです。
理由は・・・

  1. 申し訳なくて自主規制
  2. 次女は『図書館=本をたくさん出して遊んでいいところ』と勘違いしている脳をリセット

 

 

少し心がズドーンとしてしまいました(´・ω・`)

 

 


ヤル気スイッチここです↓ 更新の励みになります!

にほんブログ村 子育てブログへ

読者の増減に一喜一憂しています。よろしければ読書登録をお願いします!