読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士かあちゃんの育児レシピ

保育士ならではの小技・月年齢に合ったおすすめの遊び・お出かけ情報等を紹介。マンガを交えた日記も随時投稿!

【2・3歳〜子どもを伸ばす発達】〜手伝い編〜

私が保育に携わる上で大切にしていることの中の1つとして「先を見越した発達の促進」というものがあります。
これは自分の子育てでも大切にしていることです。

 1日1日と区切るのではなく、今を切り取るのではなく、『子どもは赤ちゃんの時からゆっくりと毎日成長している』
言い換えるなら、『成長・発達は断片的ではなく、死ぬまでつながっている』ということです。

 

度々ブログでも書いていますが、

『まだ赤ちゃんだから・・・』となんでもアリにするのはどうかしら。
赤ちゃんなりのハードル設定で、わからなくてもいいから教えてあげて欲しいです。
その赤ちゃん、1歳になった瞬間に子どもになるんですか?
それとも2歳??

今まで「ヨシ」としていたことが「ダメ」「こうすべき」と変わるのは子どもにとって大混乱です。

 

お手伝い

「私もやりたい」という気持ち、自我の芽生えとともに出てきますよね。
これ、子どもにとってとても大切な発達のステップです。
うまく伸ばしてあげたいところ。

 

それを
「できないから」
「あぶないから」
「じかんがかかるから」
と芽をつんでいませんか?

 

できなくていいんです。
危ないなら介助しながらやればいいじゃないですか。
(生命や怪我の危険が孕んでいるものは別)
時間がかかるのは当たり前ですよ。

 

興味を持った時にいろいろやらせてあげよう!!

 

前置きにもありましたが、小さい頃に「(どうせ出来ないから)やってはダメ」「(あぶないから)やってはダメ」「(面倒くさいから)やってはダメ」と育て続け、ある時急に「手伝いなさい!!」「自分のことは自分でやりなさい!」は、あまりにも酷じゃないですか?

 

無理なくやらせる

無理なくです。
興味を持ったらすかさずやらせます。

ここで大切なのは

  • 最後までできなくていい
  • やろうとしたことに意味がある
  • うまく出来ないならそっと介助する・一緒にやる
  • 出来なくても、もちろん出来ても、頑張ったことを沢山ほめて、次の意欲につなげる

『やりなさい』『早くしなさい』等は親のストレスにしかなりません。
小さい子のお手伝いは『諦めが肝心』
中途半端だろうが、下手だろうが、そんなのは当たり前ということで諦める。

子どもにとっては『役に立った!』『(自分なりに)出来た!』という達成感が大切なのです。

是非、気まぐれな子ども達が頑張っていたら

『ありがとう』
『たすかった』
と、感謝の気持ちを伝えたり、
『頑張ったね』
と、認めてあげてください。

 

結果じゃないんです。
誰かの役に立った!感謝された!という気持ちを沢山経験させてあげてください。

 

将来のことを想像してください。
結果重視が必ずしも悪いわけではありません。
が。
「上手にできた」と結果ばかり褒めるのは悪い面も孕んでいます。

うまくいかないとダメなんだ・・・

こういう思考になることです。

ほかにも、「えらい!」と言い過ぎるのも良くないことがあります。

やることが偉いんだ

という思考です。


もちろん悪いことじゃないですよ。
うまく出来た時は『うまくできた』と褒めてください。
手伝いはいいことですし、その行動を褒めるのは間違えじゃないです。

でも、結果だけではなく、『ありがとう』等の自分の感情や『頑張ったね』と認めることで、『人から感謝されるっていいなぁ』と思ったり、『自分が役に立ってうれしい』、『また頑張ろう』等、感情から育ちを促すことが出来ます。

 

此処から先はどのように育って欲しいか。
どのような教育方針か。
・・・各家庭で異なってきます。

が、是非、まるごと受け止めることだけはしてほしいな・・・と思います。

 

気分やチビ子(2歳6ヶ月)

我が子は気分屋さん。
洗濯物を洗濯バサミから自分で取るの!!と急に怒ったり、やるって言ったのに・・・という、なんとも中途半端な惨状がリビングに散らばっていることも。

が、調子いい時は頑張ってくれます。

f:id:nekolope:20151105104410j:plain

書道ガールのような辛い姿勢w

タオルを広げ、タオルの周りを忙しく動きながら畳みます(´ε`;)ウーン…

f:id:nekolope:20151105104526j:plain

スクワットしながらフィニッシュ。

f:id:nekolope:20151105104639j:plain

畳んだものをどんどん重ね・・・2歳時のクオリティなので、雪崩必須です。

後でこっそりたたみ直したのをチビ子は知らないでしょうw
本人ドヤ顔していましたからね。

この後靴下とパンツをハァハァと夢中になって畳んでいました。
かーちゃん嬉しくてとーちゃんに画像を送信。

・・・畳んだタオル、コロコロをしたとはいえ、じゅうたんの上に盛大に・・・いまさらながらもう少し衛生面を考えようかと。
本当に今更。
食器用のタオル以外はこんなだからな・・・どうすればいいのかしら。
うーん・・・。

ヤル気スイッチここです↓

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 

更新の励みになります!