保育士かあちゃんの育児レシピ

保育士ならではの小技・月年齢に合ったおすすめの遊び・お出かけ情報等を紹介。マンガを交えた日記も随時投稿!

ミッキーマウスなど、存在しません。

引っ越しをしてもうすぐ2週間が経とうとしています。

身重ゆえ、用のない外出は避けているのですが、どうしても保育園のお迎えで外出をしなくてはいけないため、何だかんだで毎日のように駅周辺まで歩いています。
(とはいえ、チビ子の足で10分程度?)

チビ子さん、やはり子どもでして。
毎度おなじみ地を歩いていても、敏感にキャッチして色々教えてくれるんですよね。
「さいたーだ!」(お花のこと)
「ぼーる!!」(栗が大量に落ちてた)
「ばっちーよ?」(以前電柱に触ろうとして注意したのをしつこく覚えている)
この他にもいろいろ、ね。

ただ歩くだけでもなかなか面白いものがあります。
感じたことを言葉にしてくれるので、チビ子の世界を少しだけ覗くことが出来ますしね。

 

で、その、『チビ子の世界』。
これに驚かされた。

 

「あ!!うーたん!!」

「・・・うーたん!?」

なんのこっちゃ。
いったい急に何を言い出すのか・・なんて思ったんです。

『うーたん』と発言したのは駅までの道のり。
ここは家ではないので、NHK教育テレビのキャラクターの「うーたん」は見当たらないはず。
いや、グッズでも落ちていた・・・?

そんなことを思って、ふと周りを見回しましたが、やはりうーたんはいない・・・。

「うーたん?」
そう聞いてみると、「うーたん!!!」と指をさすチビ子。

指差しの先には・・・

 

これか!!

Disney好きと思われる豪華な家の門に、丸が3個くっついたミッキーのシルエットが!

 

・・・たしかに、うーたんのシルエットと一緒ね。
間違えじゃないよ(´ε`;)ウーン…

 

『うーたん』発言をしてからというもの、この家の前を通ると「うーたん!」と反応する娘。
チビ子の世界にはミッキーはまだ存在していないみたいです。
Disney屋敷は時々見かけるのですが、うーたん屋敷とは新しい・・・。

 

子どもの世界って、意外性の塊で面白いですね。

元気出せ!のスイッチここです↓

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村