保育士かあちゃんの育児レシピ

保育士ならではの小技・月年齢に合ったおすすめの遊び・お出かけ情報等を紹介。マンガを交えた日記も随時投稿!

恐ろしい子!!!

毎日めざましい成長を遂げる娘。
本当に「毎日」で、驚きの連続です。

保育士として多くの子どもの姿を見るよりも、やはり親として密に接するのとでは、発見や感動が違うように思うんですよね。

目に見えて「できるようになった」「新たな姿が出てきた」という気付きだけでなく、なんというか、もっとディープでささやかな変化がより鮮明にわかるといいますか・・・。

 なんでしょうね、肌で感じるレベルなので言いにくいのですが、昨日は木製の『型落としで遊ぶ!』と、玩具棚から引っ張りだして来たんですよね。

ちなみに型落としはこういうのです↓

 我が家はニチガンの一番最初に載せたものを持っています。(はめ込む木はカラフルなんですが、すべてナチュラルの無色バージョンしかサンプルが見つかりませんでした)

 多分この3製品の中では一番難易度が高いです。
形が1〜2歳児にとっては複雑で、しかも、他の形・形があっていても向きが違うとハマりません。
イライラしますw

2歳を過ぎ、丸と四角と三角くらいしかはめられなかったチビ子さん、ようやく他の形もはめられるようになってきました。
もちろん口は全開に開き、「はぁはぁ」といきを荒くして夢中でやっておりますw
知育されてるって感じ全開ですねw

そんな彼女。
昨日は「はぁはぁ」と楽しんだあと、「かーちゃん」と私を呼ぶではないか。
はてさて。

「う〜〜〜ん!!!」

力づくで木を穴にはめる素振りをし、上手く出来ないというアピール。
(言葉がゆっくりなもんで・・・ジェスチャーが日増しにうまくなるw)

かーちゃんが「ここは?」とチビ子の手にある形に合う穴を教えると

 

「やんヽ(`Д´#)ノ !!」

 

・・・えぇぇぇぇぇぇ!?
なんでですか!?

最近ちょくちょくある、『善意踏みにじられパターン』です。
このぅ^^;

 

「好きな様にやっていいよ」と言い放ち、スタスタとその場を立ち去って弁当作りの続きをしようとすると(登園前の超忙しい時間なもんでw)

 

「なーーーーん( TДT)!!」

 

・・・は!?
行っちゃダメなんすか?
べ、弁当作らなきゃいけないのに・・・。

 

「わかった、わかった。一緒に遊ぼう。(すこしだけね)」

「(にんまーーー♪)」

 

・・・可愛いヤツめ。
小悪魔だな┐(´д`)┌

 

で、何をしたかと思うと上手くはめられなかった手に持った木を穴に近づけ

「ね!?ね!?」

と首を傾げてキュルルンをした瞳と上目遣いで私を見るチビ子。
そして『ストン!』と。

「きゃーーー!!(>ω<)パチパチパチ」

自分で手を叩いて大喜び。
そして、私の方を見て真顔に。

からの、私の重たい両手を持って拍手・・・
拍手しろってこと?

こりゃもう大げさにね、しましたよ。拍手。

 

「チビ子すごいー!!!じょうずにできたねーーーー!!!」

「きゃーーーーーー!!!!!(超絶笑顔)」

・・・見事に茶番に付き合わされました。
こんな姿、今まで見なかったのに。

新たに何かができるようになったわけでもないですし、大きな変化があった出来事ではないです。
でも、チビ子の脳内で、メキメキと新しい何かが成長しているような感じがしました。

なんだろうね。
昨日のコレは欲求を満たすための知恵ができたってこと?
それとも、『上手く出来たごっこ』をしたかったのかな?

というか、「ね?ねっ?」と上目遣いをして相手を伺う術・・・どこで身につけたんだか。
ナチュラルだったら・・・チビ子、恐ろしい子!!(ガラスの仮面風に)

↓励みになりますので、よろしければクリックをお願いします。 

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村