保育士かあちゃんの育児レシピ

保育士ならではの小技・月年齢に合ったおすすめの遊び・お出かけ情報等を紹介。マンガを交えた日記も随時投稿!

【知らないと怖い大人の食育】野菜の表示にだまされるな!有機野菜は病気の野菜!?

スーパーや八百屋等で手にする野菜。
今は単に野菜と言っても「◯◯県産」「有機野菜」「特別栽培」「◯◯さんが作った野菜」等など様々な商品が置かれるようになり、購入の選択肢が広がりました。

が、消費者の私達は逆にめちゃんこ踊らされていますw

知らないことをいいことにだまされています!!

 ・・・ちょっと行き過ぎた発言ですが、「なんとなく良さそう・・・」と思って購入する人が多く、事実を知らない人が多すぎます。
汗水たらして稼いだ大事なお金を払って購入する野菜。
ちゃんと知った上で選択しないとですよ!!

今回はちょっと難しい話なので、できるだけ要点のみをわかりやすく書けたらと思います。
もっと情報がほしい人には物足りないかもしれませんが、要望があれば後日詳しく書きます。
もしくは、この記事を期に興味を持って自分で調べるのもいいでしょう。

野菜の種類は3つ!

  • 慣行栽培農産物・・普通に売られている野菜
  • 特別栽培農産物・・農薬の使用が慣行栽培の半分以下の野菜
  • 有機栽培農産物・・3年以上、農薬や化学肥料を基本的に避けた畑で栽培した野菜

有機野菜は無農薬ではない!?

上に書いた通り、「基本的に農薬や化学肥料を避けた」ということなので無農薬ではありません。
国から認められた化学肥料を基準値の範囲内で使用していても問題ないのです。
(有機肥料の使用はもちろん認められています)

そもそも農薬って?化学肥料って?有機肥料って?

【農薬】

薬剤のこと。
殺菌剤・殺虫剤・殺鼠剤・除草剤のほか、成長促進剤・発芽促進剤等があります。

【化学肥料】

主に土壌に施す無機肥料のこと。
作物の生育をよくするために撒きます。
無機質を原料とした肥料。(科学的工程を経て作られた肥料)
→残留しやすい。
 発がん性などいろいろ問題視される。

 

【有機肥料】

主に土壌に施す有機肥料のこと。
作物の生育をよくするために撒きます。
生物を原料にした肥料。(動物性肥料・植物性肥料)

 

有機野菜は現代病と似ている!?

先に述べた通り、有機野菜は無農薬ではありません。
限られた農薬・化学肥料と有機肥料を使用した野菜です。

有機肥料は生物を原料にしているため、無害と思いがちですが、ソレもちょっと違います。
肥料の原料そのものが有害かもしれないということです。

動物性の肥料は家畜の糞などです。
その「家畜」は果たして無害な家畜でしょうか?

多くの家畜は大量の抗生物質を投与されて育てられています。(詳しくは肉についての投稿をご覧ください。)
あとは細菌の問題もあります。(大腸菌とかね)
そうなると、安全性に疑問を感じますね・・・。
(まぁ、化学肥料を大量投与して作られる野菜よりかは安全性は高い気もしますが。)

 

動物性肥料については、もう一つあります。

動物は栄養満点、そして腐るものです。
植物は枯れるものです。

シンプルに考えれば野菜は植物、植物性の肥料のほうが合っていませんか?

もちろん動物性の肥料を与えるのにはそれなりの理由があります。
ですが、過剰に与えている野菜も少なくはありません。
つまり、栄養過多の野菜、人間で言うと糖尿病のような野菜が存在しているのも事実。

野菜は植物。
ですが、不自然に栄養の詰まった野菜は枯れることなく腐ります。
植物なのにかれないのです!!
超絶不自然。

自然に沿ったものこそが本物だとはおもいませんか?

 詳しくはこちらの本も参考になります。
フランクじゃないから読みにくいかも・・・。

それでも有機野菜

単に化学肥料をわんさかした野菜よりは断然マシだということです。
一般の農作物をここまで否定するのも気がひけるのですが、安全面を考えるとそう言わざるを得ません。

特にね、じゃがいもなんかはいいものしか使わないようにしています。
じゃがいもは発芽しますが、ソレを抑制するために日本でも認められていない薬剤を大量に使用して出荷していますからね。(じゃがいもだけに認められています。こっわー!)

それに、有機野菜は安全性だけでなく味も良く、成長促進剤による形だけの野菜よりかは栄養価が高いのは言うまでもありません。

本当にいいものを選ぶなら無農薬野菜・自然農法野菜を!

有機野菜は限られた農薬・化学肥料と有機肥料を使用した野菜です。
つまり、限られた農薬・化学肥料なら何回撒いても有機野菜と名乗ってもいいのです。
10回だろうと、100回だろうと・・・。

そうなると生産者やブランドを信じるしかありません。

農薬の使用における表示義務がないから仕方がありません_| ̄|○ il||li
「有機無農薬」なのか「有機減農薬」なのかを知りたいのですが、ネット販売で表示してあるところか、特殊な店頭販売店じゃないとほとんどはわかりませんね。

本当にいいものを、より自然に沿ったものを選ぶなら無農薬野菜・自然農法野菜をおすすめします。
野菜本来の力を最大限に活かした、不自然なものを省いた野菜です。
その代わり旬があります。(当たり前か)
年中、どんな野菜も手に入るわけないですが、使用する野菜の一部を「本物の野菜」に切り替えるのはいいかもしれませんね。

楽天で調べたところ自然農法の野菜を取り扱っているお店はここくらいしかヒットしなかったのですが・・・載せておきますね↓

生産に徹底的にこだわった有機・自然農法

現在、農薬を使った野菜の生産により、残留農薬の食害が問題視されています。

残留農薬はアレルギーや健康被害を引き起こす原因だとも、最近では言われています。

そんな農薬をまったく使わず生産したお野菜を皆様にお届けしたい。

この様な思いで、LLMPは生産に徹底的にこだわっている農家さんを探しました。

LLMPは農薬をまったく使わず、お野菜の生産に情熱をもった農家さんを探し、お話を重ねて今回のお野菜の販売にたどり着きました。

農薬はまったく使わず、そして肥料も全く使わない。

このような安全性へのこだわりを持った農法として注目されているのが“自然農法”です。

自然農法では、化学肥料や合成農薬はもちろん、除草剤などもいっさい投入せず、自然が持っている力によって植物を栽培します。自然のままの土壌にはさまざまな微生物が共生していて、環境のバランスを整えながら作物本来の力を引き出してくれるんです。

この自然のチカラを利用した作物は農薬などの不安がないだけでなく、天然の土壌の恵みをたっぷりと受けているので、味も野菜本来の香りやうま味が感じられます。

この度、LLMPがお野菜を仕入れさせて頂く農家さんは、この自然農法の生産体系をとっている農家さんです。

※一部のお野菜では肥料を少量使用しております。

お客様に安心・安全にお野菜を食べて頂きたい。

そんな思いを込めて、このお野菜をお届けします。

ネット宅配でもマイナーなところでは自然農の野菜を販売していますが、私が使ったことのないところを紹介するのも気が引けますので・・・

自然農ではないですが、信用性の高い野菜を扱っている大手宅配サービスもあります(らでぃしゅぼーや大地を守る会
大手なだけに、会員も多く、自然農のみを販売するのは難しいでしょうね・・・。

知識を得た上で納得の行く選択を!!

市場の野菜についてザックリ書きましたが、少しでも読者の知識の助けになったかしら。

選択するのは自由です。
すべて自然農法で・・・というのもいいですし、旬のものだけで1年を過ごすのは困難と考えるのも正しいことだと思います。
もちろん知った上で慣行栽培農産物のみを選ぶ方も有機野菜オンリーの方も、ミックスする方も色々いていいことだと思います。

でも、知らないで何気なく食卓に出す野菜を選ぶのはもったいないです。
選択肢を狭めているように思うのです。

財布事情や食卓事情、色々検討した上で選択できますように。

食は家族の健康そものも。
家族の未来の健康は毎日の食から。

食にお金をかけるか、医療費にお金をかけるか・・・なんてことをよく考えるのですが、考え方は人それぞれ。
納得の行く選択ができるように。
知識は家族の宝になります☆

励みの1クリック、おねがいします↓

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村