保育士かあちゃんの育児レシピ

保育士ならではの小技・月年齢に合ったおすすめの遊び・お出かけ情報等を紹介。マンガを交えた日記も随時投稿!

すべて妊娠のせい、トイレトレーニング序章

頭痛や吐き気、腹痛に腰痛、胃痛、熱っぽい、倦怠感、下痢、便秘、涙もろくなったりイライラしたり・・・妊娠初期は特にホルモンバランスが大きく変化するので色んなトラブルを経験する方がほとんどです。

私もありました。

辛さの度合いも症状も人それぞれですが、辛い時は辛い。
吐き気に始まり、倦怠感に胃痛、熱っぽさや倦怠感、下腹部痛、情緒不安定。

中期に入り、だいぶ改善されました。
食欲旺盛すぎて困るほどw
気持ちも晴れてきました。

が、中期だから全て良くなったというわけではなく、初期の症状を引きずる方もいれば、私みたいにトラブルの内容が変化する方も。

・・・イライラして仕方がないです。

徐々に便秘気味になったり、時々襲う胃痛やムカつきは我慢できます。
が、ちょっとした事でイライラします。
私の立ち位置が「よく喋る元気かーちゃん」から、「家事・育児をなんとなくする時限爆弾」になっているような気がします。

自覚しているのなら直せばいいじゃないか。

とよく思うのですが、沸点が低いので自制できずにいらいらを家庭内にぶちまけます。
たちが悪いです。

花粉症で辛い旦那に「ちゃんとコレ片付けてよ」と皮肉めいて言ってしまったり、
ご飯を要求する娘に「今作ってるからギャーギャーしないで!」と発狂してしまったり、
ついイライラをどうにかしようと間食・・・。

こんなの自分じゃない。
妊娠したせいだ。
ホルモンとやらがそうさせるんだ!
私が悪いんじゃない!!

そういうことにして、頭が冷めた時に懺悔・・・。

しょぼんとして、きっと、また、イライラしちゃうんだ。
そうにちがいない・・・( ;´Д`)

 

そんな中、トイレトレーニングをいよいよ進めようかと検討中のかーちゃん。
夏には完璧に取りたいという本人の姿ガン無視の希望を持っていますが、全く兆候はありません。
なんといってもオシッコどころかウンチも教えない。
『出そう』と知らせるのはもちろんないです。
といいますか、『出た』も教えないんです。
親が気が付かなければいつまでも悪臭を尻にくっつけながら遊んでいることでしょう・・・。

チビ子は1歳10ヶ月。
もう少しで2歳。
変なこだわりが増す前にせめてシモのことだけでも教えたいところ。

今はシモに関するこだわりはあまりなさそうな様子なので、今の時期に「オシッコとウンチはトイレでするほうが◎」ということを教えたいんです。
コレを逃すと「ウンチはオムツでしたい・・・」「ウンチは部屋の隅でしたい・・・」という自分ルールが決まりそうで怖いのです。

シモはデリケートなことですからね。
子どもの気持ちにそってスムーズにやりたいのですが、もし強いこだわりが出来た時にソレをねじ曲げようとするのは子どもも辛いですし、なかなかトレーニングが進まなくて親も辛くなってしまいます。

チビ子は単に「オシッコはオムツでしょ?」「ウンチもオムツでするんでしょ?」と思っているだけなようで、こだわってトイレで用を足さない雰囲気なんですよね。
それはそれで厄介で・・・どういう風にわからせてあげればいいんだか。

何度も頻繁にトイレに連れて行くのも嫌がる元となりそうなので、最近はそこまで頑張っていなかったんです。
時期を見て・・・という名の怠惰だったことは若干反省しておりますが。
(だって、トイレ寒いんだもん)

で、今日、ちょっと長めにすわるように仕向けてみました。
嫌いでないトイレでも、長居は乳児にとって辛いはず。
ずっと座っていてと言われても身体がうずきます、飽きます。

奥の手、youtubeを利用し、トイレ的な動画を繰り返し見て何とか長居させようとしました。
今回見た動画はこちら↓


アンパンマンおもちゃのトイレ Anpanman Toilet - YouTube

チビ子にヒットしたようで、コレを何リピートも眺め、イヤがらずにずっと座っていてくれました。
この「変化のある繰り返し」がヒットの理由でしょうか。
私は3リピート目で嫌気が差してきましたが、チビ子はずーっと、じーっと。

画像に合わせて「うーん」と真似してみるとチビ子もマネッコ。
が、そのマネッコに一生懸命な様子だったのですぐさまやめました。
マネッコじゃなくて本当にしてくれ・・・。

2時間以上前にオムツを変えたきり、オシッコが出ていなかったので絶対出るはず。
そう信じて30分。

「ちょろろ・・・「あ!!」(ビクッ)」

うっかり。
チビ子は私の歓喜の声でオシッコ停止w
怒られると思ったのでしょうか・・・。

すぐさま「すごい!でたね!!」とべた褒めの嵐に盛大なハグとハイタッチ!
チビも最初は「あれ?えっ!?えっ!?」と困惑していたものの、「なんかいいことだったららしい!」と認識し、困惑の表情からキラキラお目目に!

そして、1分後くらいにとまってしまったオシッコがチョロロローと。
かーちゃんもう一度ベタ褒め!
チビ子も「いいことなのねー!!」と再認識し、一緒に大喜び!!

長い時間かけてチビ子の『トイレはオシッコをしていいところ』という認識をやっと植えつけることができました。
チビ子にとっては大きな一歩です。

大きな一歩を踏み出したチビ子にプレゼントを買ってあげました。

f:id:nekolope:20150306203353j:plain

中身はと言うと携帯補助便座w

来週から帰省したり、週に2・3回は半日以上でかけたりするので買ってきちゃいました。
出先で大変な思いをして座らせるのは嫌なんですよね。
お腹も段々と辛くなってくるし。

折角なので類似商品乗せておきます。
(同じ商品がネットにありませんでした)

私が購入したもののほうが若干厚み(クッション)があり、こちらの方が気持ちスリムな印象でした。
が、なんとなく違うものに。
要は、ミニマムサイズのチビ子の尻にもフィットすれば何でもよかったんですw

発達曲線の底辺にいるチビ子は、大人のトイレだとどうにもこうにも・・・もう10cm身長が高ければ、大股開いてまたがれるのでしょうが、本当にハマります。
チビ子が現段階で大人トイレでリラックスして用をたすことは皆無ですw
少しでも荷物を減らしたい方は購入しなくてもいい商品ですが、子どもを中腰で支えながらトイレに座らせるのが嫌な人は是非試してみてください。

マイ便座なら常に清潔な便座に座れる保証付きですしね゚+.(◕ฺ ω◕ฺ )゚+.

 

さて、折角なので明日はトイレトレーニングについてのせられたらと思います。
以前(ずっと前)に投稿した内容と多少重複するところがあるかと思いますが、『いざスタート』というステップアップ編を乗せる予定であります。

トイレトレーニングはデリケートな部分です。
体の機能の発達から心の発達、個人の性質や性格などにより本当にそれぞれです。
基本的なことを抑えながら自分の子供に合ったやり方を見つけ出し、進めていけたらなと思います。

我が子のケースものせますが、「へーそうなんだ」となるよりか「こんな子もいるんだね」程度の参考にし、どちらかと言うと基本的な事項の方を重点に書きたいなと。
いろんな方法があるようですが、たくさんの情報に振り回され過ぎると子どもも混乱し、大人も「これでいいのかしら・・・」と不安になることも多いです。
万人受けの保育園での知識ですが、是非、『我が子流』のトレーニングを進める参考にしてくださいね。

さ、どーなるか。
宣言したからには明日載せたいところです。
私にパワーを!!

ヤル気スイッチここです↓

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村