保育士かあちゃんの育児レシピ

保育士ならではの小技・月年齢に合ったおすすめの遊び・お出かけ情報等を紹介。マンガを交えた日記も随時投稿!

【悩み】大好きだけど私を病ませる人。救ってくれる人。

チビ子のべったりが強くなってきて、何でもかーちゃんのチビ子。
ほんとうに可愛いです。
どんどん愛おしさが増し、美容院に一人で行き、数時間離れるだけでも寂しくなってしまうほど。

それほど常にチビ子がベタベタとラブコールを送ってくれるのです。

が、可愛い反面つらいんです。

こんなに可愛いのに。
こんなに愛おしいのに。
全身で好きをぶつけてくる愛らしい子なのに。

そんなこと、思った人はいないでしょうか。
私だけではないと信じたい・・・。

 

シーンによって、「かーちゃんしかダメ!」ということがあるの子どもは多いですが、チビ子も例外ではなく「寝る時はかーちゃん」「夜泣き対応はかーちゃんじゃないと絶対イヤ!」みたいです。
基本は睡眠に関するとき。
他にもグズった時はかーちゃん。となることも。

「私だけの特権」
「なんだかんだ私の元へ来てくれる」

そう思うと嬉しいのです。
これが嬉しくない親はあまりいないと思います。

が、困るときもあるんです。

上手く眠れない時、眠りが浅い時は長い時間拘束され、ひどい時では20時から22時まで寝室に軟禁。
やっと深い眠りに入り、帰宅した主人の食事のを用意しようと思ったら5分もしない間に泣きながらリビングにやってきて、だっこちゃん。
もう何もできません。

仕方なく旦那に預けようとしても頑なに拒み、妊娠中にもかかわらずに片手抱っこで作業することに・・・。
その拒み方がひどいのなんのって。
旦那はどうにかして手伝おうと私の左手になってくれたり、チビ子をもう一度だこうと試みたり。

結局、急いで夕飯を用意してそのままベットへ。
ちょくちょく私の気配を確認しているのか、身動きが取れず、そのまま24時になり、なんとか歯だけ磨いて就寝・・・。

最近はこのパターンが結構多いです。
夜はチビ子から開放されて、やっと自分の時間が過ごせるのに・・・。

この大変さを旦那が知っているのでまだ救われます。
本当にしんどいのは日中です。

日中、寒さに耐えて午前中はチビ子と外出。
天気さえ悪くなければ、子どもの体調さえ良ければ、必ず外に出ます。

この理由は

  • 子どもは外での学びが多い。
  • 体を動かして発散すると、心身ともに健康な状態が保てる。
  • 心地よい疲れの中で質の良い睡眠(昼寝)ができ、午後も快活に過ごせる。
  • 機嫌良く過ごせることが多い。

こんな感じでしょうか。
とりあえず、家の中でマンネリ化し「ワーワー」とグズる事が多いのですが、それがないだけほんとうに楽です。
グズりが続くとイライラしてしまいませんか?
それに家にいるとどうしても家の仕事をしたくなってしまい、家のことをすると「もっとかまって」さらにグズる。
そして、かーちゃんは更にイライラする・・・。

いいことはなにもないんです。

外に出てしまえば家のことはできないので、チビ子に100%構うことができます。
チビ子もマンネリ化した家にいないのでイイ気分転換になるようで、始終ごきげん。

あとは寒さに耐えるだけ・・・。

 

が、いいコトずくめの外出も大変なんです。
家に出る前が。

とーちゃんを送り出してからもう地獄。

朝食後は満腹なのでしばらくはごきげんなんです。
が、それも長くは続かず・・・。
洗濯物を干して、食器を洗って、掃除機をかけて・・・というところまで何とか一緒に遊びながら(?)できるのですが、家に帰ってからすぐご飯を食べたいチビ子のためにランチの下ごしらえをする時にものすごいグズる。
チビ子は私がキッチンに立つのが嫌なようで、キッチンから退出してもらおうと全体重をかけて寄りかかり、キッチンから遠ざけようとするんです。
半泣きしながら。

キッチンに経っている時は包丁や火を扱っているのでチビ子と遊びながら、もしくは、手伝ってもらいながらというのはまだまだ難しいのです。
『キッチン=かーちゃんがかまってくれない=嫌い』
という式があっという間にでき上がったのは致し方無いです・・・。
かーちゃんに常に側で見守って病さえなんとかなれば解決するのでしょうが・・・。

そんなわけで、ギャーギャーうるさい上に、まともに料理が進まない。
どんどん作るペースが遅れ、遅れれば遅れるほどぐずりがひどくなる・・・。
もう勘弁しておくれ。

時には抱っこしながら、時にはテレビに子守を手伝ってもらいながら、何とか支度を済ませ・・・家をでる頃にはイライラボルテージがだいぶ上昇。
一刻も早く外へ・・・。

と言った感じに過ごしておりまして。
かーちゃんスキスキ!!はとても嬉しいのですが、「自分だけを見て!」というのもあるようなので、本当にストレスがたまります。
したいことができないの辛い・・・。
しなくていいのなら放棄するのですが、やることやらないと痛い目にあうのは私とチビ子なので。

 

さて、そんなカオス状態の朝ですが、夕方も同じく。
こんな惨状が繰り広げられるのも多くてですね。

段取り良くチビ子の昼寝の合間にできることをやるのですが、食事を出す直前の仕上げにキッチンに立つときにうるさいのなんのって。
かーちゃんのイライラMAXです。

食事の準備だけではなく、夕方の遊びのシーンでも「あーでもない」「こーでもない」と始めたり、始終一緒に遊ばないと怒ったり。
そんなにずーーーーと一緒に遊んでもいられないのですが!!
休憩に録り溜めていたドラマくらい見せて!?
しんどい時はソファーに横になって休憩させて!?

お仕事をしているままには贅沢な愚痴に聞こえるかもしれませんが、ずーーーと一緒っていうのもストレスが溜まるものです。
我が子を愛でられるのが1日に限られた時間だと思うと、許せたり、仕方ないなぁ♪と思う事が、24時間べったりというと、不思議と「いい加減にして!」と思ってしまうんです・・・。

時々初心に帰ったり、生まれたばかりの我が子を思い出すと優しく慣れるのですが・・・なんでしょうね。
なんで可愛い我が子の行動にイライラしてしまうのでしょう。
悪いことなんか一切していないのに。

 

こんなこと思うのは仕方ないと思いつつ、出来る限りストレスを軽減できるように、我が家の一番の難関の『キッチンに立つ』行為をチビ子の寝ている間に出来る限り減らし、作り溜めと前日の夜・昼間に下ごしらえをしたり、温めるだけの状態まで作ったりしていますが、ダメな時はダメ。
もう仕方ないですね。

平日何とか頑張って、休日に主人にチビ子と散歩をしてもらったり、お風呂を頼んだり、少しでも「かーちゃんべったり病」を発症しないように手を差し伸べて、心の回復に努めるしかないです。

今日は午後に外でいっぱい遊んでもらい、2時間ほど家でぼーっと過ごすことができました。
夕食前も食事作りの邪魔にならないように遊んでくれました。
それだけで、一週間のストレスがフッと消え、本当に楽になりました。
本当に。

1時間だけでもいいんです。
1週間に1回だけでもいいんです。
食事を作っている時間だけでもいいんです。
少しでもチビ子と距離をあけ、自分だけの時間を過ごすだけでこんなに楽になるんです。

最近、主人の有り難みを、ますます感じるようになりました。

世の中には手を差し伸べる人が誰もいない人もいます。
そのことを考えると・・・心が痛くなります。
母子に残酷な事件が実際に沢山起こっていますが、子育ての大変な面を経験すると少しは気持ちがわかります。
まぁ・・残酷な行動の境界線を超える、超えないの差は大きいのですが。
少なくともその手前、想像や衝動に駆られる人は少なくはないと思います。

みんな、きっと、辛いことはありますよね。
自分だけじゃない。
みんなイライラする事を抱えながらも乗り切っているんだ。
そう思うと、私はちょっぴり救われます。

・・・なんだ。
頭を整理しながらブログを書いていたけど、救ってくれる人は旦那の他にもいっぱいいましたね。

積極的に人に会ったり、連絡を取り合ったり、旦那に愚痴をこぼしたり手伝ってもらいながら「あの時は大変だったな・・・でも、大変な時こそかわいかったw」なんて言えるようになれますように( ;´Д`)

励みの1クリック、おねがいします↓

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村